小林歯科診療所 東京都中央区(八丁堀駅) の歯科(歯医者)
審美・ホワイトニング・インプラント
小林歯科診療所
お知らせ

大人の約80%が歯周病、あなたは大丈夫ですか?




  歯周病は歯ぐきの病気で、歯を支えている組織が壊れていく病気のことです。初期では、歯ぐきの腫れ、出血などの症状が見られ、進行すると歯と歯ぐきのすき間にプラークが侵入し、歯周ポケットが形成されるようになります。


自覚症状の少ない病気なので、気がついたら手遅れに....、ということもありますので、早めのケアが必要です。


 


 むし歯だけでなく、歯周病もケアしなければならない大人のお口。


大切なのは、むし歯や歯周病にならないための予防です。予防のために正しいセルフケアをかかりつけの歯科医院で教えてもらうようにしましょう。




歯を支える土台は歯ぐきです。




 歯周病は、プラーク(歯垢)の中の歯周病菌により、歯を支えている組織が壊れていく病気です。


そして、実は歯を失う原因の約半分が歯周病なのです。


 あなたの歯ぐきは大丈夫ですか? 口の中がネバネバする、歯磨きをすると出血する、歯ぐきがむずがゆい、赤く腫れている、口臭が気になる。こんな症状があったら、歯周病かもしれません。


 また、歯周病が怖いのは全身の疾患と関係しているからです。歯周病が、糖尿病や心臓病を悪化させることや、胎児の成長に影響して、早産の原因にもなるという報告があります。


 実感のないままに進行する歯周病。自分ではなかなか分かりません。ですから、歯科医院で定期的に健診を受けましょう。放っておくと、知らないうちに歯が抜け落ちてしまう場合があります。




歯の健康な人ほどがんのリスクは低い  その2




歯磨きの回数とがんのリスク


  頭頸部がん食道がんにかかるリスクは、歯の本数が少ないほど高いということを前回説明しましたが、


 歯磨きの回数を調べると、1日に1回も磨かない人のがんのリスクは、2回以上磨く人の2倍以上でした。


  食事内容や飲酒、喫煙などの習慣に関わらず、きちんと歯磨きをする人ほどがんにかかりにくいのです。



| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 |

▲TOP



■コンテンツ
HOME
┣ お知らせ
診療項目
医院案内


(c)小林歯科診療所(東京都中央区)